中国 自動ブリスター包装機 メーカー

HUALEの機械類CO.、株式会社

製造の良質機械及び優秀なアフター・サーヴィスを提供すること! 

ニュース

December 20, 2019

Bitpass:小さいまめのパッキング機械の制御システム

プロダクト塗布:

小さいまめのパッキング機械は小さい薬剤の工場、健康プロダクト工場、食糧工場、病院の準備部屋、等のために設計され、製造されます。それはカプセル、タブレット、丸薬、坐剤、ミルクのタブレット、キャンデー、ハードウェアおよび他の固体薬剤および食糧詰めるために主に使用されます。

 

製品の機能:

梱包材の無駄を避けるために小さいまめのパッキング機械は締まり、始まるときまめを、失いません。満ちるまめの熱シールの印刷のバッチ番号の版の削除は連続操作である場合もあります。運動制御では、servo、周波数変換、電気機械のOpto空気の統合された自動制御の技術は採用され、および目視検差の技術は使用されます。革新的な設計はGMPの標準の条件の厳密な調和で遂行されます。

 

DPP250c装置の主要な技術的な変数:

生産能力:50-100の版/分

充満頻度:15-35回の打撃/分

区域を形作る最高:110 x 240mm

旅行範囲:60 | 120mm

版の指定:57 x 80mm

主要なモーター力:1.5kw

 

電気システムの構成:

 

名前 モデル 短い技術的な記述
松下電器産業PLC FPXH-C60T マスター制御
AFPX-A21 アナログI/0の差込
松下電器産業のservoの運転者 MCDKT3520 750W
松下電器産業のサーボ モーター MSMJ082G1U 750W
松下電器産業の視野システム PV200 検出の要素
頻度コンバーター ACS510-01-04A1 1.5KW
松下電器産業の繊維光学センサー FD-31 検出の間隔0 | 125mm
松下電器産業繊維のアンプ FX-501 光ファイバー センサーによって一致させる
タッチ画面 TP6070 7インチ

 

 

主要な構造:

次はDPP250c平らなタイプの例小さいまめのパッキング機械です。この機械の主要なメカニズムは暖房のメカニズムで、メカニズムを、刻み目のメカニズム ヒート シールし、構造を打つメカニズムを形作ります。この機械の働き原則は次の通りあります:

 

機械部分の働き原則:

 

このシステムでは、可変的頻度モーターは惑星の摩擦タイプ ステップなしの回転腕の速度の変更によってデバッグされ、機械伝達鎖によってバッチ番号を運転され、および引き裂くライン形作り、ヒート シールし、そして印刷する、全機械の動きを、まめ版の牽引、打つこと、そして形成、等実現するために条件に従って押します。

 

1.1のまめの形成

開始は暖房、上部および下の暖房版閉鎖しています、ポリ塩化ビニールのプラスチック シートは牽引の行為の下で上部および下の暖房版の間で予備加熱の後で予備加熱され、次にまめの形成を死にます書き入れます。上部形成はです固定死にます、より低い上昇形成は機械カムおよび圧縮機械の行為の下で上限にポリ塩化ビニールのプラスチック シート死にます。現時点で、空気弁は開きます、上部圧縮空気の形成は書き入れますより低いキャビティ形成を死にますフィルター圧力減圧弁を通ることを死に、ポリ塩化ビニール プラスチック シートは肯定的に押されます。

 

満たす1.2

ポリ塩化ビニール プラスチック シートがSDの特定の形に定形だった後、送り装置はまめに詰められた項目を送ります。

 

1.3ヒート シール

満たされたポリ塩化ビニール プラスチック シートそしてアルミ ホイルはヒートシール型および平らなシーリング プラットホームに入り、生産のバッチ番号か他の印は同時に印が付いています。

 

1.4刻み目

熱いシーリングの後で引き裂くラインを押すために、ポリ塩化ビニールのアルミ ホイルまたはアルミ ホイルの合成物は刻み目に死にます入ります(版を押す必要性は刻み目をブロック取付ける必要性死にません)

 

消す1.5

マニピュレーターはヒート シールの後で混合物を送り、削除への刻み目は死にます。削除の後で、完成品は無駄から分かれて、完成品は自動的に出力されます。

 

上記のプロセスは周波数変換モーターおよび中間連接棒の使用によって同期的に遂行されます。

 

電気制御

1.1の牽引の部品

まめの形成部品そしてヒート シールの部品のカムの働く打撃を通して、私達は推圧動き、遠い残りの動き、帰りの動きおよび近い残りの動きの時を計算してもいいです。

 

形作るとき、ヒートシールの部品のカムが押す動きの州にあるとき、固定機械空気クランプ手は解放されます、動的機械空気クランプ手は締め金で止められ、ポリ塩化ビニールの薄板金は先に引っ張られます。

 

カムが遠い残り位置にあり、全機械が働く州にあるとき、固定機械空気クランプ手は締め金で止められます、空気クランプ手は緩く、すべての可動部はヒートシールの予熱、まめの形成および完了を含んで、働かせ始めます。

 

カムがと引き換えに動きのとき、固定機械空気クランプ手は締め金で止められ、動的機械空気クランプ手はばね力の行為の下で再調節されます。

 

カムが近い休息位置にあるとき、固定機械空気クランプ手は解放され、ポリ塩化ビニール シートを先に引っ張るために動的機械空気クランプ手は締め金で止められます。

 

この部分はまた牽引力としてサーボ モーターを使用できます。

 

1.2の不用な削除の部

自由な丸薬があることが不用な探知装置は場合の真中の泡カバーの形成部品とヒート シールの部分の間で取付けられているので、検出のメカニズムは分る場合、PLCのコントローラーにすぐに電気的信号を送り、それからPLCのコントローラーは削除弁を開け、不用なリサイクル装置に無駄を落とすことである削除の部分のシリンダーの動きを制御する命令を送ります。

 

1.3テスト構成

充満の過程において、粒子がまめに満ちていない、私達は検出のメカニズムを加える必要がありますこと現象がある。検出のメカニズムは産業視野システムまたは光ファイバー センサーのどれである場合もあります。

 

産業視野システムはそこにPLCのコントローラーに逃せばカメラ、照明、穀物は全体的に見ると版に取付けられている薬剤を入れる、信号を送りますかどうか捕獲できる画像処理ソフトウェアを含み。

 

光ファイバー センサーは一種のスポット チェックの検出方法です。1台の光ファイバー センサーは1のまめに粒子があるかどうかしか検出なできます。その検出方法は調査がまめの高さを検出するときまめの高さを検出することです。まめに粒子がない場合、検出の高さは粒子がある場合セットの高さより高いです。粒子が満ちているかどうかスポットチェックに上記の方法を使用して下さい。

 

1.4排出のメカニズム

排出の車輪は排出の車輪の速度そして張力を制御し、安定した出力を維持するために通常摩擦を調節できる摩擦ブレーキ装置が装備されている受動のメカニズム、です。排出のメカニズムにばねまでに接続され、あちこちに振れることができる緩衝車輪があります。目的は排出の張力を吸収し、材料を各ローラーと接触して保ち、材料が壊れることを防ぐことです。

 

1.5受け入れのメカニズム

物質的な受け入れのメカニズムは活発で、サーボ モーターを使用します。受け入れのメカニズムの前に緩衝メカニズムがあります。緩衝メカニズムがある特定の容量に達するとき、受け入れモーターが回るようにし材料を受け取るのにこの段階的な方法を使用して下さい。

連絡先の詳細